アジア初!福岡県北九州市が世界調査対象都市に

 

経済協力開発機構が世界で行う調査の対象に、北九州市がアジアで初めて選ばれました。国連は、貧困や飢餓の撲滅、教育、エネルギー対策などの向上を目指し、SDGs「持続可能な開発目標」として、17の目標を掲げ、OECDが、世界の都市や地域で調査をしています。

「貧困をなくす」「質の高い教育」「働き甲斐、経済成長」など調査していきます。

公害を克服した「環境モデル都市」として、取り組む姿勢が評価されたということです。OECDは、7月から北九州市で調査を行い、2020年に報告書を作成する模様です。

https://imacocollabo.or.jp/about-sdgs/17goals/

Facebook でシェア
Twitter でシェア
Please reload

業種別
Please reload